よね牛新聞  6月号

●よね牛のひとりでやってみた誕 #3

いよいよ公開間近です。皆様、お待ちしています!

7月1日(金)19:30〜
7月2日(土)14:00〜 19:00〜
7月3日(日)13:30〜 18:00〜

ライブスペースanima 新宿区四谷4-9
地下鉄丸の内線新宿御苑前駅2番出口徒歩3分
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅2番出口徒歩5分

料金 2,000円
チケットの予約は、こちらよりお願いします。


●今月のひとこと  

満身創痍

満身創痍!こちらよい意味でボロボロになるまで頑張るということの決意表明でしたが、
実際調べたらよい意味なかった!しかし、満身創痍の勢で今月乗り切るぞー!!

●漫画だいすき!

今月ご紹介するのは、うめざわしゅんさんの「ユートピアズ」です。私が大学1年生の頃、この本に出合いました。とてもいい感じの本で、今でも時々、本棚から出しては、読み返すほどなんです。うめざわしゅんさんは、短編の漫画が多いのですが、「ユートピアズ」も
この1冊で10のお話が掲載されている短編集で、これらに共通して言えるのは、どれも変な世界(やけにリアルな変な人たち)を描いていることです。なんとなく、テレビドラマの「世にも奇妙な物語」を漫画にしたようなイメージで、実際にドラマの中でも使われたものもあるということです。その中でも私がおすすめするのは、「ボケクラブ」というお話です。これは、男女関係をボケツッコミ関係にしたお話なのですが、男と女ではなく、ボケとツッコミで結婚するという制度があって、結婚した後は、それで漫才をするというものです。キャバクラのようなところで出会ったボケとツッコミは、お互い好きあっていて、結婚したいと思っていたのですが、結局は、ボケは金持ちの男に目がくらみ結局は破談となってしまうのですが、ボケの結婚式当日、ツッコミは結婚式場に突入し、俺と結婚してくれとプロポーズをします。そんな、外国の映画のような話です。また、「歩くが走るだったら」というお話では、登場人物みんなが走って生活をしている、例えば学生なら登下校から、なにからなにまですっと走っているとか、心臓の悪い女の子が、ある男の子を大好きだったのに、ずっと走っていたら、結局病気が重くなり、亡くなってしまったとか、ちょっとした違い、設定が少し変わるだけでこんなにも面白くなるんだというのを感じていただけたらいいなという作品です。

●活動報告

一軒家ーでの撮影! 5月12日

本日は、今度撮ります短編映像の下見に行きました。今回は一軒家をまるまるつかった家族の話になる為に、一軒家がみつかるか、かなり不安だったのですけども、無事に素敵なお家を提供して頂ける事になりました!!撮影日程も明確になりつつあるので、これから、役者さんや協力者さんをお声がけしてなんとか作品を完成させたいと思います。本当に未熟者ですが、まずは一人芝居でのお披露目を目指して頑張ります!

クラウドファンディング 5月18日

木場明義さんの、作品「つむぎのラジオ」に出させて頂く事になりました!!なんと幸運な。 只今クラウドファンディング中!こちら少しでも支援してくださる方いらっしゃいましたら嬉しいです。素敵な作品になること間違いなしです! なんと、クラウドファンディングーは2000円というお手頃な値段からできて楽しいプレゼント付き! これはやるしかない!? なにとぞ、、、!宜しくお願い申し上げます!!

茜沢ユメルさんのラジオで! 5月22日

本日、24時より放送されます。茜沢ユメルさんの番組 「ユメルのモナリザラウンジ」で蛙君と私でコーナー番組やってます。どちらがより面白いものを挑戦してきたかを競うコーナーでそれを茜沢ユメルさんらに判断して貰い、負けた人は罰ゲームという大変なごやかなコーナーです。 ちなみに私はこちらを発表しました。とても、やる気のない感じでお怒りをくらいそうな申し訳ない挑戦ですが、果たしてどうなのか。