花と文学 営団地下鉄

1991年05月~1993年08月発行

夏目漱石「三四郎」のイメージに寄せて 「白薔薇」
萩原朔太郎「こころ」のイメージに寄せて 「八仙花」
山材暮鳥「ぼたんの歌へ」のイメージに寄せて 「春の曙」
三好達治「かよわい花」のイメージに寄せて 「朝顔」
北原白秋「ほのかにひとつ」のイメージに寄せて 「萼紫陽花(がくあじさい)」
北原白秋「ほのかにひとつ」のイメージに寄せて 「けし花」
中原中也「黄昏」のイメージに寄せて 「精華」
石川啄木「月と鐘」のイメージに寄せて 「春宵」
島崎藤村「野路の梅」のイメージに寄せて 「躍」
伊東静雄「行ってお前のその憂愁の深さのほどに」のイメージに寄せて 「ねむの花」
与謝野晶子「コスモス」のイメージに寄せて 「秋桜」
中河与一「天の夕顔」のイメージに寄せて 「夕顔」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする